« ウクレレがやってきた、その2・・・タカハシウクレレのこと | トップページ | ちいさなしあわせ »

2017.04.30

RAW現像について

Before
P4220305
P4220305 posted by (C)maopapa

After
P4220305-Edit
P4220305-Edit posted by (C)maopapa

え?別の写真?と思われた方もいらっしゃると思いますが、同じ写真です。
上はRAW画像をそのままJPEGに変換したもの。下はその画像を現像(加工)
したもの。現像に使ったツールは Lightroom CC と ColorEfex Pro 。

デジタル写真は多くのデータを持っていて、それをうまく引き出してやるのが
現像という行為と思っています。もちろん、上の写真のほうが自然で好きだと
言うひともいるでしょう。でも、人は写真を撮ったとき、自分の記憶にその情景
を覚えているもので、下の写真は少し極端だとしても、もうちょっと鮮やかだっ
たとか、空はもっと青かったとかいう思いがあるわけです。せっかくデジタル
なのだから、撮った写真をできるだけ自分の記憶に近づけたい、いや、それ
以上に印象的なものにしたい、という願望にこたえるのが現像なのです。

カメラの性能がよくなったので、たいていのシーンはJPEGで撮ってそのまん
までも十分使えるのですが、たまに、たとえばこのようなシーンだとそのまま
ではちょっと寂しいということもあります。そんなときのための保険として、
ワタクシはRAWも一緒に保存しています。

そして、なんとこの ColorEfex Pro というソフト、太っ腹のグーグルさんの
おかげで「無料」で提供されているのです。シェー、これだけの機能のソフト
が無料というのは驚きです。ただし、Lightroomなどのプラグインとして働く
ので、その辺りは対応する環境が必要です。導入できる環境にある人は
是非試してみてはいかがでしょうか。


*写真のデータ
E-M1Mark m.zuiko12-100mmF4 12mm f7.1 1/320 ISO200 +0.3EV

あ、プラス補正したから空が飛んでたんだ、と、データを見て納得…。

|

« ウクレレがやってきた、その2・・・タカハシウクレレのこと | トップページ | ちいさなしあわせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13766/65217718

この記事へのトラックバック一覧です: RAW現像について:

« ウクレレがやってきた、その2・・・タカハシウクレレのこと | トップページ | ちいさなしあわせ »