« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017.04.30

ちいさなしあわせ

連休です。カレンダー通りなので、この土日は連休ではないのですが、
世間ではゴールデンウイークなので連休ということにしておきます。
5月の連休はバイトが休めないとのことで、短い間ですが大学生のムスメ
が帰ってきました。

特に行くところもなかったので、ツマとムスメとワタクシで市内をウロウロ。

P4291557
林明子さんの原画展を見たり

P4291724
こんな写真を撮ったり

P4291761
強烈な電気メーターを撮ったり

P4291771
明るいうちから居酒屋へ。正面にいるのはムスメ

P4291790
左側。手の出演はツマ。飲み物は赤玉パンチの赤

P4291805
当然だし巻き玉子を注文するワタクシとツマ

P4291817
お店の入り口はオープン。昭和ライクでいい雰囲気

のんびりのんびり。ちいさなしあわせの詰まった一日でした。

機材:E-M1Mark2 m.zuiko12-100mmF4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RAW現像について

Before
P4220305
P4220305 posted by (C)maopapa

After
P4220305-Edit
P4220305-Edit posted by (C)maopapa

え?別の写真?と思われた方もいらっしゃると思いますが、同じ写真です。
上はRAW画像をそのままJPEGに変換したもの。下はその画像を現像(加工)
したもの。現像に使ったツールは Lightroom CC と ColorEfex Pro 。

デジタル写真は多くのデータを持っていて、それをうまく引き出してやるのが
現像という行為と思っています。もちろん、上の写真のほうが自然で好きだと
言うひともいるでしょう。でも、人は写真を撮ったとき、自分の記憶にその情景
を覚えているもので、下の写真は少し極端だとしても、もうちょっと鮮やかだっ
たとか、空はもっと青かったとかいう思いがあるわけです。せっかくデジタル
なのだから、撮った写真をできるだけ自分の記憶に近づけたい、いや、それ
以上に印象的なものにしたい、という願望にこたえるのが現像なのです。

カメラの性能がよくなったので、たいていのシーンはJPEGで撮ってそのまん
までも十分使えるのですが、たまに、たとえばこのようなシーンだとそのまま
ではちょっと寂しいということもあります。そんなときのための保険として、
ワタクシはRAWも一緒に保存しています。

そして、なんとこの ColorEfex Pro というソフト、太っ腹のグーグルさんの
おかげで「無料」で提供されているのです。シェー、これだけの機能のソフト
が無料というのは驚きです。ただし、Lightroomなどのプラグインとして働く
ので、その辺りは対応する環境が必要です。導入できる環境にある人は
是非試してみてはいかがでしょうか。


*写真のデータ
E-M1Mark m.zuiko12-100mmF4 12mm f7.1 1/320 ISO200 +0.3EV

あ、プラス補正したから空が飛んでたんだ、と、データを見て納得…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.08

ウクレレがやってきた、その2・・・タカハシウクレレのこと

P4060886
P4060886 posted by (C)maopapa

新しい相棒のウクレレ。
2日ほど弾いた感想を。

 ・サスティーンが長い
 ・木が鳴っているのがわかる
 ・空気が振動しているのが見える(見えないけど)

とにかくよく鳴る楽器。
そして、質素ながらも美しい。質実剛健。あくまでも日常使う
道具としてつくられているから飾りは何もないのだけど、逆に
機能美にあふれている。

ささっと弾いて思ったのは「あれ?ウクレレが下手になった?」
ってこと。普通いい楽器弾くと上手になると思うがそうじゃない
のね。弘法筆を選ばず。名人はどんな楽器だって、例え5千円
の楽器だってそれなりに弾いちゃう。逆は?ノーだ。
いい楽器は弾き手を選ぶの。今までの楽器だとなんとか誤魔化
せていた粗がいとも簡単に見えちゃう。いや、楽器に見破られる
というべきか。なので、気を付けて弾かないといい音が出ない。

誰が弾いてもいい音で鳴るのがいい楽器じゃない?っていう意見
もあろうかと思うし、それも一理あるが、弾き手を選ぶ楽器、なんて
ちょっと憧れる。そして、それを手に入れたってことで悦に入って
いるのだから、ま、我ながら微笑ましい、ということでご勘弁を。

P4060931
P4060931 posted by (C)maopapa
後ろ側。ローズウッドが美しい。センターにメイプルを挟んでいるのもオシャレだわ

P4060858
P4060858 posted by (C)maopapa
サドルを見れば音程の正確さもなるほどと思える

P4060822
P4060822 posted by (C)maopapa
ヘッド。ロゴのシルバーが渋い。

P4060871
P4060871 posted by (C)maopapa
隅から隅まで丁寧な仕事。

P4060854
P4060854 posted by (C)maopapa
ヘッドの裏側。ゴトーさんのギアペグ。このヘッドには黒のUPTが
合うことは知っているのだけど、あえてギアペグにこだわった。

P4060847
P4060847 posted by (C)maopapa
ホヌはお願いして4匹泳がせてもらった。ワタクシの家族を表現している。

タカハシウクレレ工房

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウクレレがやってきた・・・タカハシウクレレのこと

P4060815
P4060815 posted by (C)maopapa

ウクレレがやってきた。
2015年11月に注文してから待つこと1年と4か月ちょっと。
ヤマトさんのトラックで運ばれてきた。長く待つっていうのは
そんなに嫌なことじゃなく、注文したら翌日、へたをすれば
当日に届く世の中だからこそ、このまったり感が好ましかっ
たりする。

待つ間、仕様のことなどをビルダーさんとメールでやりとり
するのだが、それがまた楽しかった。仕様のひとつひとつを
自分で決めた楽器。ビルダーさんによると、1か月は毎日
音が変化していくとのこと。今でも十分いいおとだけど、どう
変わっていくのかも楽しみ。

まだ数時間触っただけだが、楽器の素性の良さなんて弾いた
瞬間にわかる。弾きやすい、音程がいい。ウクレレでコードが
こんなにきれいに響くんだって、はじめて知った。

タカハシウクレレ工房。丁寧に作られたいい楽器が届くことは
間違いない。興味のある方は連絡してみるべし。ただし、注文
してから届くまでにかなり待つことになるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »